053-425-0021 電話する

水と災害を科学する大学産業

水質研究所における調査・分析、水処理装置・排水処理装置の導入、災害対策/防災用品の販売

053-425-0021 【受付時間】 8:30~17:30 (土日・祝日を除く)

井戸水濁度監視システムproduct

大学産業ホーム >水処理装置 >井戸水濁度監視システム

井戸水濁度監視システム

濁ったや困ったをシャットアウト。井戸水の“突然の濁り”に対処します。

こんな心配ありませんか?

飲⽤水に井戸水を使用しているが地震・周辺での工事・井戸の崩壊などによって
井戸水が急に濁ってしまった時、水が使えなくなってしまうのではないか…

図1

蛇口で濁り水を確認した時には、すでに受水槽の水も濁ってしまっています。
その場合は全量が使用できません。

井戸水濁度監視システムの導入で解決ができます

危険リスク(水の濁り)を感知(計測)し被害を最小限に抑えるシステムの提案です

濁度モニターで常時濁度を監視、水が濁った時に警報を発信、濁りがなくなったら警報を解除します。その間受水槽の水は使用できます。

図2
  1. 濁度異常警報がでた時には井戸ポンプを緊急停止させます。
  2. 三方弁を切り替えて井戸水を排水させます。(濁度は継続監視)
  3. 濁度異常が解除されたら三方弁を切り替えて受水槽に送水します。

    ※三方弁を電動弁にすることにより上記の操作が自動にできます。
    ※濁度監視により濁った水が流入しないため、受水槽の水は使用可能です。

緊急時用浄水装置の接続により、濁った井戸水を浄水として利用することも可能です。

図3

活性炭ろ過・塩素消毒により、濁った水を処理します。

この商品を使用しているお役立ち事例