053-425-0021 電話する

水と災害を科学する大学産業

水質研究所における調査・分析、水処理装置・排水処理装置の導入、災害対策/防災用品の販売

053-425-0021 【受付時間】 8:30~17:30 (土日・祝日を除く)

井戸水の突然の濁りに対処。「濁度監視モニター」を設置 case

大学産業お役立ち事例色度・濁度・鉄・マンガンの除去井戸水の突然の濁りに対処。「濁度監視モニター」を設置

井戸水の突然の濁りに対処。「濁度監視モニター」を設置

ご相談内容

病院さまより「飲用水に井戸水を使用しているが地震・周辺での工事・井戸の崩壊などによって井戸水が急に濁ってしまった時、水が使えなくなってしまうので解決策はないか」との御相談をいただきました。

このように解決しました。

施工データ

事例カテゴリー 色度・濁度・鉄・マンガンの除去
導入設備 井戸水濁度監視システム
《提案内容》
濁度モニターにより常時井戸水の濁度を監視、水が濁った時に警報を発信・濁りがなくなったら警報を解除するシステムを提案・採用いただきました。

《システムフロー》
井戸ポンプ→濁度モニター(濁度を常時監視)→三方弁(濁度異常で切替え)→消毒装置→受水槽→給水

*井戸水が濁った場合、三方弁を切り替えて井戸水を排水、濁度異常解除により自動復帰し受水槽に送水します。
*濁度監視により濁った水が受水槽に流入しないため、受水槽の水は使用可能です。
*受水槽が濁ってしまった場合は、緊急時用浄水装置を使用して飲用水を供給することも可能です。